アヤナスの使い方

アヤナスシリーズを手元にそろえても、なんとなく重ねてつけるだけではその効果を最大限に感じることはできません。

せっかくアヤナスを使うのなら、乱れたバリア機能を改善し、表面上は潤っているのに内部が乾燥しているインナードライといわれる状態を防ぎ年齢に抗うことを目標としたいもの。

こちらでは、インナードライを防ぎながら美肌になるためのお手入れのポイントについて述べていきます。

 

アヤナスの正しい使い方とは?

敏感肌や乾燥肌の人がアヤナスシリーズを使って効果を感じるためには、普通肌の人とは違ったお手入れが必要です。

なるべくお肌に負担をかけず、有効成分をしっかりお肌の深いところまで届けるのがポイントです。

自身のお肌が今とても敏感になっている、状態がよくないと感じているならなおさら、正しい使い方をする必要があります。

ですが正しい使い方をしていれば、アヤナスの効果はしっかりと現れてきます。

まずはアヤナスローション・エッセンス・クリームを使うときに共通している使い方のポイントからご説明していきます。

 

コットンではなく手を使ってスキンケア

アヤナスの使い方

アヤナスシリーズを使うときは、コットンではなく手を使ってつけていくことが大切です。

コットンを使うことがもう習慣になっているという場合でも、アヤナスについてはできるだけ手でお手入れしていきましょう。

敏感になっているお肌を手で感じ、絶妙の力加減でアヤナスの有効成分を届けるようにします。

コットンでは感じられないような、微細なお肌の変化にも気付くことができるでしょう。

また冷えたテクスチャーを手のひらで温めることにより、肌なじみがよくなりより深部へと有効成分を浸透させることができます。アヤナスの有効成分

これはアヤナスローション・エッセンス・クリームすべてに共通するつけかたですので覚えておいてください。

 

敏感肌のお手入れ手順

洗顔を終えたら、まずアヤナスローションをワンプッシュ手のひらにとり、両手ではさんでしばらく温めます。

顔に載せたら、内から外へと広げながらつけていきましょう。

一度に顔全体に広げようとせず、途中でもうワンプッシュ追加します。

まぶたや目じり、小鼻のきわ、口回り、首すじなどの乾燥しやすい場所にもていねいにつけていきます。

 

続いてエッセンスをワンプッシュ手に取り、ローションと同じようにして温めます。

そして内から外へと広げながらつけていきます。

こちらも途中でもうワンプッシュ追加しながら、同じように重ね付けしていきましょう。

付け終わったら、両手で顔を優しく包み込んでハンドプレスすると、有効成分がしっかりとお肌に浸透していきます。

 

その後クリームを大き目のパール大目安にとり、手のひらで温めます。

付け方はローションやエッセンスと同じく、内から外へと広げていきましょう。

とてものびのいいテクスチャーとなっていますので一度で足りることが多いのですが、もし物足りないと感じたら追加してください。

首元まで塗り広げたら、最後はしっかりハンドプレスしておきましょう。

 

 

インナードライを防ぐためにできること

敏感肌の人はインナードライになりやすいのですが、それを防ぐためにはなるべくお肌に刺激を与えないようにすることが大切です。

お肌を触る回数を極力少なくするために、お手入れ方法にも気を付ける必要があります。

そのためには、ワンプッシュですべての範囲にローションやエッセンスを塗り広げようとしないことはとても有効です。

アヤナスでのお手入れは、ローション・エッセンスについて2度付けを推奨しています。

クリームに関してはとてものびのいいテクスチャーとなっていますので、一度で終わることが多いのですが、もし物足りない場合でも無理に塗り広げようとはしないでください。

コットンではなく手を使って、そっと乗せるようにつけていくのがポイントです。

敏感肌や乾燥肌用の基礎化粧品はコストがかるものが少なくありません。

そのためこれまで使っていた敏感肌用コスメを少しでも長持ちさせるために、チビチビと使っていた人も多いでしょう。

ですがアヤナスを使う場合には、その習慣を継続するのはやめましょう。

一回のお手入れに、ローションとエッセンスは2プッシュ使うのだと最初に決めておくといいでしょう。

角質層が十分に保湿されないと、水分不足になりインナードライ状態に陥りやすくなります。

特に洗顔後最初にお肌につけるローションは、たっぷり使うことが理想です。

こちらにあげたいくつかのポイントをしっかり守ることで、アヤナスの効果をぞんぶんに感じることができるでしょう。