アヤナスと乾燥敏感肌ケア化粧液 (ファンケル)を比較!

アヤナスの比較

アヤナスとファンケルの乾燥敏感肌ケア化粧液は、どちらも敏感肌の人が使ってみたい化粧水の上位にランクインしています。

敏感肌を専門に研究する機関を持っているポーラオルビスとファンケルだけあって、敏感肌用基礎化粧品の品質には定評があります。

この両者について、各項目をひとつずつチェックしていきましょう。

アヤナスローション ファンケル乾燥敏感肌ケア
内容量 125ml 10ml×3本・6本
配合成分 プロパンジオール、グリセリン、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール、水(順不同) ジグリセリン、BG、DPG、グリセリン、ベタイン、メチルグルセス-10、グリコシルトレハロース、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、ベンチレングリコール、カルボキシメチルデキストランNa、カルボマーK、キサンタンガム、リン酸2K、水(順不同)
定価 5400円 3本1836円
お得な定期コース 2回目以降10%割引で購入可能 健康得楽便あり・お届け間隔が選べて最大15%割引
トライアルセット 10日間トライアルセットあり 無添加FDRトライアルセット1836円
おすすめポイント ナノ化ヒト型ヒフミド配合・ストレスバリアコンプレックス配合・アトピーや敏感肌、ゆらぎ肌でも使用できる・エイジングケアできる・ポーラ工場製造・定期コースでディセンシア商品が10%割引適用・会員ポイントが2倍 アトピーや敏感肌でも使用可能・スキンバリア成分が外的刺激をブロック・セラミドの合成を助けるアセチルヒルドロキシプロリン配合・無添加化粧品で定評のあるファンケル製造・フレッシュ期間あり・無期限返金保証あり
おすすめ度 ★★★★ ★★★

 

内容量やコストパフォーマンスについて

アヤナスローションの内容量は125mlとなっています。

これ以外にサイズ展開はなく、トラベル用や詰め替え用の設定はありません。

一日に朝晩2回のお手入れをする前提で、ひと月ほど使うことができます。

コスパは一日当たり180円です。

 

ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液は、大きなボトルではなく10mlずつ小分けされています。

ファンケルの製品には防腐剤が含まれていません。

そのためフレッシュ期間というものが設けられており、期間内に使い切ることが推奨されています。

10mlボトルで10日、3本でおよそひと月使うことができます。

ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液のコスパは一日あたり61円となっており、アヤナスローションと比較すると半分以下のコストで使用することができるのが特徴です。

 

保湿成分や美容成分で比較

アヤナスローションの保湿成分はヒト型セラミドです。

セラミドが配合されている化粧水は保湿力が高いというイメージがありますが、セラミドといっても種類が分かれているのを知っている人は多くありません。

なかでもヒト型セラミドと呼ばれる成分は、人間の肌にもともとあるセラミドに限りなく近い成分です。

さらにヒト型セラミドをナノ化してありますから、お肌にのせるとすぐになじんですっと浸透していくのが特徴です。

また炎症をしずめる効果のある成分、メラニン生成を抑制する成分、お肌のハリをアップさせる成分などの美容にうれしい成分も配合されています。

ただの保湿化粧水ではなく、美容にしっかり働きかけてくれるローションだといえるでしょう。

 

ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液の保湿成分はアセチルヒルドロキシプロリンです。

この成分はお肌への浸透性が高く、セラミドの合成をサポートする役割を果たします。

化粧液にはセラミドが含まれていませんが、アセチルヒルドロキシプロリンが配合されていることで、お肌内部でのセラミド合成がスムーズにいくようになります。

またマルチトースも保湿に効果を発揮し、水分保持機能を高める役割を果たしてくれる成分です。

植物由来の美肌成分といったものは配合されておらず、ローション単体の成分はとてもシンプルになっているのが特徴です。

 

敏感肌処方・エイジングケアについて

アヤナスは敏感肌処方を採用しています。

ポーラオルビスグループは敏感肌を専門的に研究する部門を持っており、そこから生まれたのがアヤナスシリーズです。

ポーラオルビスの一般的なラインとは一線を画し、添加物などを極力省いた製法を用いているのが特徴です。

敏感肌処方に加えて、アヤナスではストレスがお肌に与える影響に着目しています。

ストレスに対抗するためのストレスバリアコンプレックスという考え方のもと、ストレスによる肌荒れを防止しながらエイジングケアも両立するという、これまでになかった効果を実現しています。

 

ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液は、お肌に負担となる添加物を一切加えないという徹底した無添加処方となっています。

著しくバリア機能が低下したお肌には、界面活性剤も負担となってしまいます。

他の敏感肌用基礎化粧品に含まれていることの多い界面活性剤ですが、ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液にはこの成分も配合されていません。

ファンケルの徹底した敏感肌処方は、業界でもナンバーワンの厳しさとなっているのです。

 

お得な定期コースについて

アヤナスの比較

アヤナスは定期コースが設定され、都度購入とどちらも選べるようになっています。

定期コースを選ぶと2回目以降の購入から全アイテムが10%割引となります。

単に割引されるだけではなく、ポイントが2倍になったり美容アイテムのプレゼントがあったりと、続ける楽しみも考えられた特典がついているのが特徴です。

 

ファンケル製品には健康楽得便の設定があり、乾燥敏感肌ケア化粧液もこの制度が適用されます。

商品が最大16%割引になったり、自分のペースにちょうどよい配送の間隔を選べたりという特典があります。

ファンケルポイントを貯めることもできますので、通販で他の製品を買ったり、実店舗で使うことも可能です。

アヤナスと乾燥敏感肌ケア化粧液 (ファンケル) おすすめポイント総評

アヤナスと乾燥敏感肌ケア化粧液を比較したとき、まず目につく違いは保湿成分です。

アヤナスローションにはヒト型セラミドがナノ化されて配合されているのが大きな特徴です。

現在美容アイテムに配合されている保湿成分のなかで、もっとも保湿力に定評のある成分がこのヒト型セラミドなのです。

ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液には保湿成分としてアセチルヒルドロキシプロリンが入っており、セラミドの合成を助ける効果がありますが、アヤナスのナノ化ヒト型セラミドと比較すると保湿力にやや欠けるといえるでしょう。

 

またその他の美容成分で比較すると、アヤナスには抗炎症作用やメラニンの合成を抑える作用のある成分、ハリアップ成分などのエイジングケアを叶える成分が入っていることが表からみてとれます。

ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液には保湿成分は配合されていますが、エイジングケア成分となると目立つものは見つけられません。

保湿とエイジングケアという観点から比較したとき、やはりアヤナスローションの成分に軍配が上がるという総評に。

したがってアヤナスは★4つ、ファンケル乾燥敏感肌ケア化粧液は★3つという評価となりました。

 

 

アヤナスと無印良品の敏感肌用高保湿タイプを比較しました!

アヤナスの比較

敏感肌用基礎化粧品を探してランキングをチェックすると、上位に食い込んでいるのがアヤナスシリーズと無印良品の敏感肌用シリーズ。

こちらではそのなかでもお手入れに欠かせない化粧水について、両者をさまざまなポイントから比較してみましたのでチェックしてみましょう。

アヤナスローション 無印良品の敏感肌用高保湿タイプ
内容量 125ml 50ml・200ml・400ml
配合成分 プロパンジオール、グリセリン、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール、水(順不同) DPG、グリセリン、PEG-32、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グレープフルーツ種子エキス、ポリクオタニウム-51、スベリヒユエキス、BG、フェノキシエタノール、PCA-Na、クエン酸Na、クエン酸、水
定価 5400円 300円・700円・1200円
お得な定期コース 2回目以降10%割引で購入可能 定期購入の設定なし
トライアルセット 10日間トライアルセットあり なし
おすすめポイント ナノ化ヒト型ヒフミド配合・ストレスバリアコンプレックス配合・アトピーや敏感肌、ゆらぎ肌でも使用できる・エイジングケアできる・ポーラ工場製造・定期コースでディセンシア商品が10%割引適用・会員ポイントが2倍 グレープフルーツ種子エキス&スベリヒユエキス配合・リピジュア配合・無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー
おすすめ度 ★★★★ ★★★

 

内容量やコストパフォーマンスについて

アヤナスローションコンセントレートの内容量は125mlです。

このサイズのみで大容量の設定はありません。

一度につき2プッシュ、一日につき2回のお手入れでひと月ほど使うことができます。

コスパは一日当たり180円となっています。

 

無印良品の敏感肌用高保湿タイプはトラベル用の50ml・通常サイズの200ml・大容量の400mlの設定があります。

200ml惜しみなくたっぷり使ってひと月持つという容量となっていて、一日当たりのコスパは23円。

携帯用や旅行用にミニサイズをそろえたい、そして何よりコスパ重視という人は無印良品の敏感肌用高保湿タイプを選ぶといいでしょう。

 

保湿成分や美容成分で比較

アヤナスの比較

アヤナスには保湿成分としてヒト型セラミドが配合されています。

ヒト型セラミドは4種類あるセラミドのなかでも最も保湿力にすぐれ、肌馴染みがとてもいい成分です。アヤナスの保湿成分

人間の角質細胞間脂質にもとからあるセラミドと限りなく近いので、敏感肌や乾燥肌でもトラブルが極力起こりにくいお手入れをすることができます。

またアヤナスのヒト型セラミドは、ナノ化加工がされているのが特徴です。

分子が大きいと、せっかくの保湿成分でもお肌に浸透していくことができません。

お肌にのせるとすうっとなじんで浸透するという口コミが多いのには、ナノ化技術が関係しているということが分かります。

またその他の成分として、コウキエキス・オタネニンジンエキス・ローズマリーエキス・ビルベリー葉エキスなどが配合されています。

これらの成分とヒト型セラミドの相乗効果が、アヤナスには期待できるのです。

 

無印良品の敏感肌用高保湿タイプには、保湿成分としてリピジュア(ポリクオタニウム-51)が配合されています。

ヒアルロン酸の2倍の保水力を持ち、皮膚を保護する効果に優れたリピジュアにより、敏感肌にたっぷりとうるおいを届けることができます。

またお肌を保護する効果の高いスベリヒユエキスやグレープフルーツ種子エキスなども配合され、リピジュアとの相乗効果が期待できます。

敏感肌処方・エイジングケアについて

敏感肌や乾燥肌の人は、一般的に問題ない添加物配合の基礎化粧品でも、敏感に反応が起きて使えないということがあります。

アヤナスは敏感肌を専門に研究して生まれたシリーズだけあって、敏感肌処方を徹底して守りながら製造されています。

添加物を極力加えないのはもちろんのこと、アヤナスはストレスによる肌荒れに注目しているのが特徴です。

ストレスはお肌を敏感にし荒らしてしまうという観点から、アヤナス独自のストレスバリアコンプレックス成分を配合しています。

これによりストレスによる肌荒れを防ぎながら、エイジングケアも叶えるという仕組みを持っています。

 

無印良品の敏感肌用高保湿タイプには、お肌を荒らす添加物が極力入っていません。

無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みで、一般的な化粧水はきつすぎるという人も、これなら使えるという口コミが多くあります。

コスパに優れているので、遠慮がちにつけなくてもいい、たっぷりつけられるという点も保湿にはうれしいポイントですね。

こちらはエイジングケアを前面に押し出しているわけではありませんが、保湿が行き届くことで目じりのしわやほうれい線が薄くなるという効果が期待できます。

お得な定期コースについて

アヤナスにはお得な定期コースの設定があり、2回目以降はディセンシアの全アイテムが10%オフで購入できる制度を利用できます。

ディセンシアポイントを2倍貯められたり、美肌を叶えるプレゼントが用意されていたりするのも、続けるためのモチベーションとなってくれるでしょう。

 

無印良品の敏感肌用高保湿タイプには、定期購入の設定がありません。

無印良品のショップへ出向くといつでも購入することができますし、公式ネットショップからも購入できます。

公式ネットショップでは割引購入できるキャンペーンが不定期に行われていますから、まめにチェックしておき、なくなる前にまとめ買いしておくことをおすすめします。

 

アヤナスとヒフミド おすすめポイント総評

アヤナスローションでは、まずヒト型セラミドを配合している点が優れているといえるでしょう。

セラミドを配合しているローションは数多くありますが、もっとも肌馴染みのいいヒト型セラミドをナノ化して配合している製品となると、ぐっとその数は少なくなってきます。

無印良品の敏感肌用高保湿タイプには、保湿成分としてリピジュアが配合されています。

高い保水力を持つリピジュアはとても優秀な保湿成分ですが、その性能や効果で比較するとヒト型セラミドのほうが高い評価を集めているのが現状です。

 

無印良品の敏感肌用高保湿タイプはコスパがよく、敏感肌や乾燥肌の人の保湿に高い評価を得ていますが、ストレスによる肌温度の低下や、ストレスに抗うといった点に着目し、さらにエイジングケア成分も豊富に配合されているアヤナスと比較するとやはり見劣りする印象です。

ローション単体での比較は、アヤナスローションコンセントレートが★4つ、無印良品の敏感肌用高保湿タイプ★3つという評価といたしました。

 

 

アヤナスローションとヒフミドを比較してみました!

アヤナスの比較

敏感肌用基礎化粧品を検索すると、上位に上がってくるのがアヤナスとヒフミドです。

どちらも大手化粧品会社と製薬会社が製造している、信頼のおける製品です。

こちらではシリーズのなかでもローションに焦点をあて、アヤナスとヒフミドの製品比較を行ってみましたので、さっそくチェックしていきましょう。

アヤナスローション ヒフミドローション
内容量 125ml 120ml・180ml
配合成分 プロパンジオール、グリセリン、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール、水(順不同) BG 、グリセリン 、ジグリセリン 、ペンチレングリコール 、ベタイン 、メチルグルセス-20 、セラミド1 、セラミド2 、セラミド3 、グリセリルグルコシド 、カンゾウ葉エキス、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、ナットウガム、イソステアリン酸、PEG-60水添ヒマシ油、アルギン酸Na、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、フェノキシエタノール、クエン酸Na(順不同)
定価 5400円 3240円・4644円
お得な定期コース 2回目以降10%割引で購入可能 定期お届けコースあり・1944円以上の購入で10%割引・金額に応じて最大16%割引
トライアルセット 10日間トライアルセットあり 5品お試しセットあり
おすすめポイント ナノ化ヒト型ヒフミド配合・ストレスバリアコンプレックス配合・アトピーや敏感肌、ゆらぎ肌でも使用できる・エイジングケアできる・ポーラ工場製造・定期コースでディセンシア商品が10%割引適用・会員ポイントが2倍 ヒト型セラミド配合・リピジュア配合・モイスチャースプリング成分配合・小林製薬の製品・
おすすめ度 ★★★★ ★★★

 

内容量やコストパフォーマンスについて

内容量としては、アヤナスローションコンセントレートが125mlとなっています。

一度につき2プッシュ、一日につき2回のお手入れでひと月ほどもちます。

 

ヒフミドローションは120mlと、アヤナスとほぼ同じくらいの内容量となっています。

こちらにはもう一回り大きい180mlサイズもあり、およそ2ヶ月使うことができます。

コストパフォーマンスで比較すると、アヤナスが一日あたり180円、ヒフミドが108円となっていますので、ヒフミドのほうがすぐれているといえますね。

保湿成分や美容成分で比較

アヤナスの比較

アヤナスとヒフミドを保湿成分で比較すると、どちらもメイン成分が同じであることがわかります。

保湿成分ヒト型セラミドは、4種類あるセラミドのなかでも最も保湿力にすぐれ、お肌に刺激を与えにくい成分です。

人間の角質細胞間脂質にもともとあるセラミドと限りなく近いので、肌馴染みがよくトラブルのない保湿をすることができるのです。アヤナスの保湿口コミ

 

アヤナスに配合されているヒト型セラミドは、さらにナノ化加工がされているのが特徴です。

分子が大きいと、いくらお肌にセラミドを載せてもなかなかお肌の奥のほうへ浸透していくことができません。

アヤナスのヒト型セラミドは、素早くしっかりと保湿するためにもうひと工夫されているといえますね。

その他の美容成分として、アヤナスにはオタネニンジンエキス・コウキエキス・ビルベリー葉エキス・ローズマリーエキスなどの成分が含まれています。

これらには外部刺激からお肌を守ったり、年齢肌に多く見られるくすみを改善したり、血行をよくしたりする効果があります。アヤナスでインナードライを防ぐ

 

ヒフミドにはヒト型セラミド以外にリピジュア(ポリクオタニウム-51)という保湿成分も配合されています。

これはヒアルロン酸の2倍の保水力を持ち、皮膚を保護する効果に優れた成分です。

またカンゾウ葉エキスやナットウガムといった、消炎やコラーゲン生成に効果のある成分も含まれています。

 

アヤナスもヒフミドもヒト型セラミド保湿のほかに美容に効果のある成分が配合されていますが、その数はアヤナスの方が多く、ヒフミドよりも積極的に攻めている印象を感じさせます。

 

敏感肌処方・エイジングケアについて

年齢肌に不足しがちなヒト型セラミドが配合されていることで、使い続けるうちに自然にエイジングケアができるという点でアヤナスとヒフミドは共通しています。

水分不足のせいで乾燥肌や敏感肌になっているという人は、ヒト型セラミドの保湿だけでずいぶん状態は改善していきます。

ヒフミドは乾燥による小じわを目立たなくする臨床試験済となっていますので、保湿によりお肌がうるおうことで小じわが解消し、年齢を感じさせない肌への変化が期待できます。

 

アヤナスはしっかりと保湿を行うのはもちろんのこと、それだけではなく年齢肌にありがちなくすみを改善したり、血行をよくしたりする成分が配合されています。

ヒト型セラミドの保湿力にプラスして、積極的にエイジングケアしていこうという姿勢が感じられる製品です。

 

敏感肌に対する配慮としては、どちらも合成香料や着色料・アルコールは配合されていません。

アヤナスには防腐剤としてパラベンが含まれていますが、パッチテスト済で敏感肌の人にも使えるようになっています。

ただやはり、万人に適用されるものではないということはどの製品にもいえるでしょう。

アヤナスもヒフミドも、必ずトライアルセットでお肌に合うかどうかを試してみることがマストだと知っておいてください。

お得な定期コースについて

アヤナス・ヒフミドともにお得な定期コースの設定があります。

アヤナスは10日間のトライアルセットを購入後、2回目以降は全アイテムが10%オフで購入できる定期購入を利用できます。

またディセンシアポイントを2倍貯めることができたり、さまざまなプレゼントが用意されていたりと、続ける楽しみが用意されているのも特徴です。

 

ヒフミドは1944円以上の購入で10%割引になるというシステムとなっています。

種類の多い小林製薬の他製品を割引価格で購入することもできますので、ヒフミドシリーズの使ったことのない商品を試してみたいときや、化粧品以外のアイテムを買いたいときにも便利です。

アヤナスとヒフミド おすすめポイント総評

アヤナスもヒフミドも、ヒト型セラミドを配合した敏感肌用の基礎化粧品です。

保湿成分を比較すると同じものを使用していますが、よりお肌の深いところまでうるおいを届けたいという観点からみると、アヤナスのナノ化ヒト型セラミドに注目が集まります。

 

また保湿以外の美容成分で比較してみても、アヤナスに配合されている成分の種類が多く、お肌を健やかに保つ機能やアンチエイジング機能に優れていることが比較表から見て取れます。

ヒフミドはローション以降のエッセンスやクリームに美容成分が多様に含まれていますが、ローションについてはヒト型セラミドによる保湿というところにポイントをおいた、シンプルな構造だということが分かります。

ローション単体での比較は、アヤナスローションコンセントレートが★4つ、ヒフミドローションが★3つという評価となりました。

 

アヤナスをお得に購入する方法!定期購入と解約について

アヤナスの定期購入

アヤナスを続けて使ってみたいと思ったときにまっさきに考えるのは、できるだけお安く購入したいということ。

正直なところお安いとはいえないアヤナスシリーズですから、最安値で購入したいと思うのは当然です。

アヤナスを入手するにはどんな方法があるのか、そのなかでもっともお得なのはどこからの購入なのか、またその方法についてもお話していきます 

アヤナスは楽天やアマゾンで買える?

アヤナスを購入したいとき、まず思い浮かぶのが楽天やアマゾンといった通販サイトですね。

ほとんどの人がこの両者のアカウントを持っていて、何か買おうと思ったときにはささっとサイトを開いてチェックしているはず。

検索窓に「アヤナス」と打ち込んでみると、楽天もアマゾンもたくさんの商品がヒットします。

アヤナスは楽天やアマゾンを通じて購入することが可能なのです。

ですが購入することは可能でも、その価格がずいぶん高く設定されていることが注意して見ると分かってきます。

これらの通販サイトでは価格を出品者が自由に設定できますので、出品ごとに価格が違っているのは当たり前のこと。

ですが高いものは定価より2000円ほど上乗せされていることもよくあり、すすんでこれらのショップで買いたいと思わせるものは少ないでしょう。

また定価に近いものを見付けても、送料が別途かかったり、返品や交換ができなかったり、返品保証が受けられないものもあります。

メリットといえば楽天やアマゾンのポイントがたまるくらいで、しかもそのメリットもデメリットと比べるとマイナスになってしまうことが多いのです。

アヤナス公式ホームページからお得に購入するには?

アヤナスは公式ホームページを持っており、そこからの購入は常に価格が一定で、品質や保証の面でも心配はありません。

では公式ホームページから、少しでもお得に購入する方法はあるのでしょうか?

例えばアヤナスローションの定価は5400円ですが、定期購入に申し込むと10%割引で購入することが可能です。

定期会員に登録すると誰でもこの割引が適用され、全国送料無料・振込手数料無料の特典も合わせて受けられます。

ポーラオルビスグループの他の製品を購入したいときもこの10%割引は適用されますので、家族でまとめて購入するなどで利用している人も多くいます。

またディセンシアポイントが2倍たまり、ポイント数に応じてサプライズプレゼントがあるというのも、続けていくうえでのうれしいモチベーションになります。

アヤナスがお肌に合うかをまず10日間トライアルセットで確認し、続けて使ってみたいと思ったときは、公式ホームページから通常購入ではなく定期購入を申し込むのがもっともお得に続けられる方法なのです。

アヤナスを休止・解約したくなったら?

アヤナスの定期購入

アヤナスを使う量はもちろん個人差が大きいですから、定期お届けの個数がちょうどいいという人もいれば、次第に余ってくるという人もいます。

手元に在庫がだぶついてきたら、気軽に次の配送を休止することができます。

マイページにログインすると、90日先までの予定を変更することが可能ですから、都合のよい間隔に設定し直しましょう。

もし次の配送が90日以上先でいいという場合は、お問合せフォームから連絡することで対応してもらえます。

 

また定期購入を解約したいときは、マイページではなくお客様センターのフリーダイヤルに電話して手続きをします。

引き止めや勧誘がしつこいイメージがあり電話をためらう人が多いのですが、アヤナスの解約手続きは事務的に進んでいきますから心配はいりません。

たまに電話するのが気が進まずに、会員を退会すれば自動的に解約できるだろうと思っている人がいますが、会員を退会しても定期購入を解約したことにはなりません。

解約したい場合は、かならずお客様センターへの電話連絡が必要となりますので注意してください。

もっともお得に購入できるのは公式サイトから!

アヤナスは楽天やアマゾンでも購入することができますが、価格が安定せずサポートや品質の面でも不安が大きくなってしまいます。

気に入った出品者が次も同じように出品しているとは限らないからです。

アヤナスは継続して使っていくことで敏感肌や乾燥肌、ゆらぎ肌を改善していくことができる基礎化粧品です。

安定的に使い続けるためには、公式ホームページから一定期間ごとに届く定期購入で申し込むのがもっともラクで安心だといえます。

アヤナスはローション・エッセンス・クリーム・さらにアイクリームやファンデーションなどを組み合わせて使っていくシリーズです。

このうちのどれかをうっかり切らしてしまうだけで、せっかく調子の上がっていたお肌がふたたび揺らいでしまう可能性があります。

これらのアイテムの相乗効果を最大限に感じるために、必要なものを切らすことなく準備できる定期購入で入手するのがやはり安心だといえるでしょう。

アヤナスは効果あり?効果なし?実際の口コミをチェック!

アヤナスの口コミ

ネット上でも評判のいいアヤナスシリーズですが、それが全員の意見だとは限りません。

またいい評判でも、内容はさまざまな意見に分かれています。

こちらではアヤナスを実際に使っている人の膨大な口コミのなかから、以下の条件に合ったものをピックアップしてまとめてみましたので、さっそくチェックしていきましょう。

 

アヤナスの保湿に関する口コミ

・時間がたっても保湿力が衰えてこない

・まぶたが荒れて乾燥しやすいが、効果を感じている

・保湿力は高いが、使用感が少し重い

・季節の変わり目の乾燥が改善してきた

・保湿され過ぎなのかニキビが出てきた

・徐々に乾燥肌が改善してきている

・一般的な商品は小鼻の横がヒリヒリするが、アヤナスは感じない

・10日間のトライアルセット使用でガサガサ肌が改善してきた

 

多くの人が、アヤナスの高い保湿力をダイレクトに感じているようです。

朝に保湿しても夕方にはかさつくことが多かったのに、アヤナスは夕方でもまだまだしっとりしているという声が多かったです。

またお肌が弱い人はまぶたや小鼻の横など、皮膚の薄い部分が荒れやすいのですが、アヤナスは皮がむけたりカサカサしたりしないという具体的な声も。アヤナスの保湿力

保湿され過ぎてニキビが出てきたという声もありましたが、この人はもともと普通肌ということでしたので、保湿力が強すぎたのでしょう。

アヤナスは10日間で肌が変わると提唱していますが、トライアルセットで10日間スキンケアするとその効果を感じたという人がとても多いのが印象的でした。

 

アヤナスのエイジングケアに関する口コミ

アヤナスの口コミ

・ハンドプレスしてしっかりなじませることで、小じわなどが目立たなくなった気がする

・これまで使っていたものはお肌に優しいだけでエイジングケアができなかった。空調の効いた部屋にいても乾燥を感じなくなった

・ごわごわしていた肌が柔らかくなり、毛穴が小さくなった。目じりのシワが改善してきた

 

アヤナスによる保湿により、ごわごわ・かさかさしていたお肌の状態がとてもよくなり、気になっていた目じりのしわやほうれい線が気にならなくなってきたという声も多くあります。

これまで使っていた製品はお肌に優しいばかりでエイジングケアができなかったという人も複数いて、エイジングケアしたいけれど適切な製品がないことに悩んでいたことがうかがえます。アヤナスの比較

 

アヤナスの成分に関する口コミ

・敏感肌なので防腐剤が入っているのが気になる

・リニューアル前のアヤナスは大丈夫だったが、新しくなってひりひりするようになった。気に入っていたので残念

 

敏感肌の人は、成分表示もしっかりとチェックする人が多いのですが、アヤナスに防腐剤が入っていることを指摘する声がありました。

アヤナスには防腐剤としてメチルパラベンとフェノキシエタノールが配合されています。

製品の品質を保つために最低限の含有となっており、パッチテストも行って安全性は確認されていますが、それでもすべての人に反応が起きないとは限りません。

またリニューアル後に新しく配合された成分に反応してしまう人も存在し、とても残念だという声も。

こればかりは10日間のトライアルセットで、お肌に合うかどうか確認するしか方法がないといえますね。

 

アヤナスの付け心地やテクスチャーに関する口コミ

・つけた後はしばらくベトつく感じがある

・一年中乾燥肌なので、テクスチャーは少しゆるく物足りないことも

・手に取るとさらっとしているが、お肌にのせると濃厚になる

・ローションはとろみのあるテクスチャーで、クリームのしっとり感もちょうどいい

 

アヤナスローションはとろみがありながらも、さっぱりとしたテクスチャーであるという声が多くありました。

付け心地に関しては人によりたいへんばらつきがあり、もっとこっくりしていてもいいという人もいれば、ベトつくからもっと軽くてもいいという声も。

普通肌の人が使うとベトつきを感じやすいという印象を受けました。

逆に超乾燥肌の人は、しっかりクリームをのせても乾燥してくるという意見を寄せていたのが印象的でした。

 

アヤナスの香り・その他に関する口コミ

・香料が合成でないのがいい

・ほのかな花の香りが好き

・保湿力は気に入ったが、お肌に合わないようでかゆくなってしまった

 

アヤナスは合成香料を使用していません。

お肌にのせたときのほのかな香りは、ラベンダーなど天然の植物エキス由来です。

この香りに癒されるという声が多くありました。

またその他の口コミとして、保湿力などとても気に入ったけれど、やはりお肌に合わないようでかゆくなったという人が若干ですが存在しました。

やはり敏感肌や乾燥肌の人のなかには、敏感肌処方のアヤナスでも反応してしまう人がいるのは仕方がないのでしょう。

 

口コミからわかるアヤナスの実際のところは?

たくさんの口コミをまとめると、いい意見が8割、あまり変化を感じない・リピートしないという声が2割といった印象です。

いい評価としてはやはりアヤナスの高い保湿力に関する声が多かったですね。

朝に使って夕方まだしっかり保湿されていることに驚く意見が多数ありました。

テクスチャーについてはつけてすぐはベトつくという声が多かったですが、しっかりハンドプレスすることによってしっとりなじんでいくので、時間の経過とともにさほど気にならなくなるようでした。

少数ですがアヤナスでもかゆくなる、ヒリヒリする、かぶれてしまうという人がいました。

防腐剤の影響なのか、新しく配合された成分のどれかに反応してしまっているようですが、こういった症例はやはり、お肌が弱い人向けの基礎化粧品ではなくすことができないといえるでしょう。

ですがこれまで、敏感肌用製品を使っていたけれどお肌に優しいばかりでエイジングケア面で不満があった人、保湿力が物足りなかった多くの人たちから、高い評価を得ているというのはたしかです。

アヤナスを使うことで、実際にお肌の状態が改善し、さらに年齢肌の悩みも解消し、お手入れが楽しくなってきた人がとても多い印象を受けました。

アヤナスローションと資生堂2eを比較してみました!

アヤナスの比較

アヤナスはポーラオルビス、2eは資生堂が販売している敏感肌用の基礎化粧品シリーズです。

ポーラオルビスも資生堂も、化粧品大手としてトップを走るメーカーです。

乾燥肌や敏感肌の人から高い評価を得ているこの2製品について、使う側が気になるさまざまなポイントについて比較してみましたので、チェックしていきましょう。

アヤナスローション 資生堂2e
内容量 125ml 140ml
配合成分 プロパンジオール、グリセリン、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール、水(順不同) BG・グリセリン・キシリトール・PEG-75・PEG-60水添ヒマシ油・クエン酸Na・メタリン酸Na・クエン酸・トコフェロール・フェノキシエタノール・水(順不同)
定価 5400円 2000円
お得な定期コース 2回目以降10%割引で購入可能 なし
トライアルセット 10日間トライアルセットあり 10日間トライアルセットあり
おすすめポイント ナノ化ヒト型ヒフミド配合・ストレスバリアコンプレックス配合・アトピーや敏感肌、ゆらぎ肌でも使用できる・エイジングケアできる・ポーラ工場製造・定期コースでディセンシア商品が10%割引適用・会員ポイントが2倍 医療機関や調剤薬局で購入可能・紫外線A波、B波からお肌を守る・マルホ製薬の製造・
おすすめ度 ★★★★ ★★

 

内容量やコストパフォーマンスについて

アヤナスローションの内容量は125mlとなっており、ミニサイズなどの商品はありません。

朝と晩に使っておよそひと月使うことができます。

その場合のコストパフォーマンスは、一日当たり180円となっています。

 

資生堂2e化粧水の内容量は140mlで、こちらも朝晩の使用でおよそひと月分となっています。

コストパフォーマンスは一日あたり66円で、アヤナスの半分以下で使うことができます。

 

保湿成分や美容成分で比較

アヤナスローションの保湿成分はヒト型セラミドです。

数種類あるセラミドのなかでも、もっとも肌馴染みがよい成分として高い評価を得ています。

アヤナスローションではさらにこのヒト型セラミドをナノ化して配合してありますので、肌にのせるとすぐに浸透し、荒れた角質層にしっかりうるおいを届けることが可能です。

また敏感肌や乾燥肌の症状を緩和・改善していくための抗炎症作用や、透明感のある肌を目指すためのメラニンに働きかける成分、また加齢によるたるみの改善に効果のあるハリアップ成分などをバランスよく配合しています。

 

資生堂2e化粧水には、保湿成分としてBGとグリセリンが配合されています。

この2つは低刺激の保湿成分として昔から知られていますが、刺激が極めて少ないかわりに保湿性に対する評価はあまり高くないのが現状です。

2eはお肌に刺激を与える成分を徹底的に排除してあるというのがコンセプトです。

セラミドなどの高い保湿性のある成分は、資生堂2eには配合されていず、あくまでも刺激を与えずやさしい使用感に重きを置いている製品だといえるでしょう。

 

敏感肌処方・エイジングケアについて

アヤナスの比較

アヤナスを展開するポーラオルビスグループは、敏感肌を専門に研究する機関を持っており、日々研究がなされています。

アヤナスローションにはお肌に負担をかける成分を極力なくし、そのうえで敏感肌と美肌の追及を両立させているのが大きな特徴です。

独自の敏感肌処方に加え、ストレスが敏感肌や乾燥肌を悪化させてしまうというところに着目し、ストレスバリアコンプレックスという考え方を採用しています。

これによりストレスによる肌荒れを防ぎ、加齢に抵抗する底力をつけていくことができるのです。

 

資生堂2eは、赤ちゃん用のラインを出しているほどの徹底した低刺激処方を採用しています。

配合されている成分の種類を極力減らし、どれもお肌に刺激を与えないものだけを厳選しています。

そのため化粧水単体での保湿力でみると、やや物足りない感じはいなめません。

エイジングケア成分も特筆すべきものは配合されておらず、お肌に優しい成分でうるおいを与えるというシンプルな目的のもとで製造されている製品だといえるでしょう。

 

お得な定期コースについて

アヤナスにはお得に購入できる定期購入コースがあります。

10日間トライアルセットで継続を決めて定期コースを申し込むと、2回目からは10%オフで購入することができます。

仕組みとしてはシンプルですが、ポイントが多くたまったり、不定期にポーラオルビスの美容製品がもらえたりする特典があります。

継続する楽しみができるのがうれしいですね。

 

資生堂製品にはワタシプラスという定期購入がありますが、2eシリーズは対象外となっています。

2eは基本的に医療機関や調剤薬局での購入となっていますので、ネットショップから定期購入することはできません。

現実にはアマゾンや楽天などに個人ショップが出品していますが、安定して定期購入することは難しいといえるでしょう。

 

アヤナスと資生堂2e化粧水 おすすめポイント総評

アヤナスと資生堂2e化粧水の大きな違いは、保湿成分にあります。

アヤナスローションには保湿成分としてヒト型セラミドが配合されています。

これは人間の角質層にあるセラミドとほぼ同じ構成を持っている、たいへん保湿力の高い成分です。

敏感肌や乾燥肌の人のお肌は保湿力が低下していることが多いため、保湿力の高い成分の配合はマストだといえます。

 

資生堂2eの保湿成分は、ヒト型セラミドと比べると、ややパワー不足である印象はいなめません。

またエイジングケアにも力を入れているアヤナスに対し、2eはひたすらやさしくうるおいを与えるという域から出ることはできていないという印象です。

コスパには優れているけれど定期購入がないという点や、医療機関でしか購入できないという利便性などをかんがみ、総評としてアヤナスは★4つ、資生堂2eは★2つという評価といたしました。

 

 

アヤナスの使い方!インナードライを防いで美肌になろう!

アヤナスの使い方

アヤナスシリーズを手元にそろえても、なんとなく重ねてつけるだけではその効果を最大限に感じることはできません。

せっかくアヤナスを使うのなら、乱れたバリア機能を改善し、表面上は潤っているのに内部が乾燥しているインナードライといわれる状態を防ぎ年齢に抗うことを目標としたいもの。

こちらでは、インナードライを防ぎながら美肌になるためのお手入れのポイントについて述べていきます。

 

アヤナスの正しい使い方とは?

敏感肌や乾燥肌の人がアヤナスシリーズを使って効果を感じるためには、普通肌の人とは違ったお手入れが必要です。

なるべくお肌に負担をかけず、有効成分をしっかりお肌の深いところまで届けるのがポイントです。

自身のお肌が今とても敏感になっている、状態がよくないと感じているならなおさら、正しい使い方をする必要があります。

ですが正しい使い方をしていれば、アヤナスの効果はしっかりと現れてきます。

まずはアヤナスローション・エッセンス・クリームを使うときに共通している使い方のポイントからご説明していきます。

 

コットンではなく手を使ってスキンケア

アヤナスの使い方

アヤナスシリーズを使うときは、コットンではなく手を使ってつけていくことが大切です。

コットンを使うことがもう習慣になっているという場合でも、アヤナスについてはできるだけ手でお手入れしていきましょう。

敏感になっているお肌を手で感じ、絶妙の力加減でアヤナスの有効成分を届けるようにします。

コットンでは感じられないような、微細なお肌の変化にも気付くことができるでしょう。

また冷えたテクスチャーを手のひらで温めることにより、肌なじみがよくなりより深部へと有効成分を浸透させることができます。アヤナスの有効成分

これはアヤナスローション・エッセンス・クリームすべてに共通するつけかたですので覚えておいてください。

 

敏感肌のお手入れ手順

洗顔を終えたら、まずアヤナスローションをワンプッシュ手のひらにとり、両手ではさんでしばらく温めます。

顔に載せたら、内から外へと広げながらつけていきましょう。

一度に顔全体に広げようとせず、途中でもうワンプッシュ追加します。

まぶたや目じり、小鼻のきわ、口回り、首すじなどの乾燥しやすい場所にもていねいにつけていきます。

 

続いてエッセンスをワンプッシュ手に取り、ローションと同じようにして温めます。

そして内から外へと広げながらつけていきます。

こちらも途中でもうワンプッシュ追加しながら、同じように重ね付けしていきましょう。

付け終わったら、両手で顔を優しく包み込んでハンドプレスすると、有効成分がしっかりとお肌に浸透していきます。

 

その後クリームを大き目のパール大目安にとり、手のひらで温めます。

付け方はローションやエッセンスと同じく、内から外へと広げていきましょう。

とてものびのいいテクスチャーとなっていますので一度で足りることが多いのですが、もし物足りないと感じたら追加してください。

首元まで塗り広げたら、最後はしっかりハンドプレスしておきましょう。

 

 

インナードライを防ぐためにできること

敏感肌の人はインナードライになりやすいのですが、それを防ぐためにはなるべくお肌に刺激を与えないようにすることが大切です。

お肌を触る回数を極力少なくするために、お手入れ方法にも気を付ける必要があります。

そのためには、ワンプッシュですべての範囲にローションやエッセンスを塗り広げようとしないことはとても有効です。

アヤナスでのお手入れは、ローション・エッセンスについて2度付けを推奨しています。

クリームに関してはとてものびのいいテクスチャーとなっていますので、一度で終わることが多いのですが、もし物足りない場合でも無理に塗り広げようとはしないでください。

コットンではなく手を使って、そっと乗せるようにつけていくのがポイントです。

敏感肌や乾燥肌用の基礎化粧品はコストがかるものが少なくありません。

そのためこれまで使っていた敏感肌用コスメを少しでも長持ちさせるために、チビチビと使っていた人も多いでしょう。

ですがアヤナスを使う場合には、その習慣を継続するのはやめましょう。

一回のお手入れに、ローションとエッセンスは2プッシュ使うのだと最初に決めておくといいでしょう。

角質層が十分に保湿されないと、水分不足になりインナードライ状態に陥りやすくなります。

特に洗顔後最初にお肌につけるローションは、たっぷり使うことが理想です。

こちらにあげたいくつかのポイントをしっかり守ることで、アヤナスの効果をぞんぶんに感じることができるでしょう。

アヤナスの効果の秘密!有効成分を調べてみました!

アヤナスの成分

敏感肌や乾燥肌でも使えてエイジングケアもできると人気のアヤナスシリーズ。

基本的にはローション・エッセンス・クリームのお手入れになりますが、その効果の秘密は配合成分にあります。

こちらではそれぞれのアイテムに共通している有効成分や、その効果について詳しくお話しています。

代表的な配合成分
アヤナスローション プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、オタネニンジンエキス、コウキエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水など(順不同)
アヤナスエッセンス プロパンジオール、BG、水添ナタネ種子油、水添レシチン、PEG-150、セラミド2、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水など(順不同)
アヤナスクリーム リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、水添ポリオレフィン(C6-12)、セラミド2、、ステアリン酸スクロース、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸スクロース、アミノプロピルジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノールなど(順不同)

 

ローション・エッセンス・クリームに共通している成分

アヤナスの成分

アヤナスローション・エッセンス・クリームという基本的な3つの製品に共通しているのは、セラミド2・オタネニンジンエキス・コウキエキス・ビルベリー葉エキス・ローズマリーエキス・ラベンダー花水などです。

セラミド2はバリア機能の乱れたお肌を保湿する効果にすぐれていますが、敏感肌や乾燥肌の人には不足しがちな成分です。

この成分をしっかり配合することは、アヤナスシリーズの根幹をなす処方だといえます。

またオタネニンジンエキス・コウキエキス・ビルベリー葉エキス・ローズマリーエキスは外部刺激からお肌を守ったり、年齢肌に多く見られるくすみを改善したり、血行をよくしたりする効果があります。

そしてラベンダー花水は、合成香料を使っていないアヤナスシリーズにほのかな香りを添える重要な役割を果たしています。

つけたときにほんのりと香るラベンダーが、高ぶった精神とストレスを鎮静化させてくれます。

これらはアヤナスにとってたいへん重要な成分であるからこそ、シリーズのすべてに配合されているのです。

 

アヤナス独自の「ストレスバリアコンプレックス」とは?

アヤナスはストレスバリアコンプレックスという考え方を採用しています。

心理ストレスがお肌に影響するということから、ストレスに対応する3つの成分を複合化したオリジナル成分です。

海藻由来成分であり、タイトジャンクションの働きを強めるパルマリン。

血行促進や皮膚温度の上昇に効果が期待できるジンセンX。

真皮内のGABA生成の促進と、繊維芽細胞活性の効果があるビルベリー葉エキス。

これら3つの成分を配合することで、ストレスがお肌に与える影響をはねのけることができるのです。

 

アヤナスの敏感肌処方とは?

アヤナスにはポーラオルビス独自の敏感肌処方がなされています。

特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール」がお肌の表面に膜を張り、弱った角質の代わりにバリア機能を発揮します。

同時にセラミドナノスフィアがお肌の保水力を高め、乱れたバリア機能を正常に近付けていきます。

乱れたバリア機能から引き起こされるお肌の不調の負の連鎖を断ち切り、健康を取り戻すことからエイジングケアが始まるという考えのもと、アヤナスシリーズは成り立っているのです。

 

アヤナスで肌のバリア機能を取り戻す!

お肌が弱い人や敏感肌の人は、角質層が乱れて外部刺激に反応しやすくなっています。

いくらお肌に良い成分や、アンチエイジングに効果のある成分をお肌にのせても、それらはすべて刺激となってお肌に悪い影響を与えてしまうのです。

アヤナスはまず乱れた角質層を正常に戻すため、バリア機能を回復させることを重要視しています。

イメージとしては荒れて弱ったお肌の表面にラップをして、うるおいを逃がさないと同時に外部刺激から守るという図を思い浮かべてもらえばいいでしょう。

敏感肌や乾燥肌がなかなか改善しないのは、一度負の連鎖に陥ってしまうとそこから抜け出すことが難しいからです。

10日間で肌が変わるといううたい文句は、乱れたバリア機能を回復させて、お肌の内側をしっかり保湿することができるということを意味しています。

正常なバリア機能が働くようになったお肌は、10日間もあればどんどん健康を回復し始めます。

そして健康を取り戻したお肌は自然な輝きをまとい、老け込んだ印象の改善が期待できるのです。

敏感肌や乾燥肌でも使えるアヤナス!その理由を解明!

アヤナスの効果

気に入ったものを躊躇なく使える普通肌の人と違って、敏感肌や乾燥肌の人は基礎化粧品を選ぶのに神経を使います。

よさそうだと思ってもお肌にのせるとしみたり、ヒリヒリしたり…。

つけたときには大丈夫でも、数日してブツブツができてしまったり…。

このような経験をいくつもしていると、今どうにか使えている基礎化粧品から他のものに変えてみる勇気が出てきません。

ですが年齢肌の悩みを抱えるようになってくると、しっかりとエイジングケアできるシリーズを使ってみたくなりますね。アヤナスの比較

こちらでは敏感肌や乾燥肌でもエイジングケアできる、アヤナスシリーズの効果の理由についてお話していきます。

お肌が弱いとエイジングケアが難しいのはなぜ?

どうして敏感肌や乾燥肌の人はエイジングケアが難しいのでしょうか?

エイジングケアとは、エイジング=加齢に抗うスキンケアのこと。

日々の肌の調子を整えることが主な目的である、通常のスキンケアとは一線を画しているといえます。

攻める美容という側面が強いエイジングケア化粧品には、さまざまな成分が配合されています。

ですがもともとお肌が弱い人は、そういった攻める成分に敏感に反応してしまうことが多いのです。

普通肌の人はなんともないような成分でも、お肌がひりひりしたり、かぶれたりすることも少なくありません。

敏感肌の人はこれまで、お肌に不調をきたさないことか、攻める成分によるエイジングケアのどちらを取るかの選択に迫られたとき、日々のお肌の調子のほうを取らざるを得ませんでした。

この2つの要素の両立は、これまでたいへん難しかったのです。

敏感肌や乾燥肌を改善してくれるアヤナスの代表的な成分は?

アヤナスの効果

お肌が弱くてもエイジングケアができる画期的なアヤナスシリーズ。

その代表的な成分をまとめました。

まずストレスによる肌トラブルに対応するのは以下の3つです。

・パルマリン…海藻由来エキスで、健やかな角層を生み出す

・ジンセンX…朝鮮人参から抽出したエキスで、血行を良くする効果あり

・ビルベリー葉エキス…抗酸化作用にすぐれ、GABAの生成を助ける

 

敏感肌処方として配合されているのは以下の成分です。

・セラミドナノスフィア…通常の4倍の浸透力を持つ保湿成分

・コウキエキス…外部刺激による炎症をしずめる

・CVアルギネート…ハリ・弾力アップ成分

・シモツケソウエキス…糖化によるくすみと老化をおさえる

・ローズマリーエキス…メラニンの元であるチロシナーゼの生成をおさえくすみを予防

 

これらの成分の相乗効果により、アヤナスは敏感肌や乾燥肌を優しく改善しながら、老化へしっかり抵抗する力を発揮することができるのです。

一般的な基礎化粧品とはどこが違う?

アヤナスは一般的な基礎化粧品とどこがどう違っているのでしょうか?

一般的な基礎化粧品は、普通肌の人を想定して作られています。

普通肌とは肌のバリア機能が正常に保たれており、外部刺激にも強い肌のこと。

防腐剤やアルコールなどの添加物も、基準以内であれば配合されていても大丈夫です。

アヤナスを開発したポーラオルビスグループは、敏感肌や乾燥肌を専門的に研究しています。

敏感なお肌を守るため、アルコールや防腐剤はもちろんのこと、香料やUVカット剤なども極力使用していません。

お肌を荒らさない敏感肌処方を徹底し、さらにそれだけではなく乱れたお肌のバリア機能を正常に使付ける効果も持っています。

一般的な基礎化粧品ではかぶれてしまうけれど、アヤナスは大丈夫だったという人が多いのは、徹底した敏感肌処方の効果なのです。

 

お肌が弱くてもアヤナスでエイジングケア!

これまで両立することが難しかった、敏感肌や乾燥肌にやさしい処方と、攻めるエイジングケア。

相反する性格を持つこの2つを、絶妙のバランスで実現したのがアヤナスシリーズです。

今使っている基礎化粧品でまあ満足しているという人も、実際には「こんなもの」「しみたりかぶれたりしなければいい」と、美肌を目指す気持ちが薄れてしまっている人が少なくありません。

特にお肌が荒れやすかったり、アトピー気味であったりする人は、これから新しくスキンケアを変えてみるなどということは冒険ですね。

アヤナスシリーズは、お肌がとても弱い人でもバリア機能を改善し、さらにエイジングケアもできるという製品です。

また普段は普通肌だけれど、仕事が忙しくなったり季節の変わり目になったりすると調子が崩れる、アレルギーがあって特定のシーズンだけお肌が敏感になるという人にもアヤナスはおすすめです。

製造元のポーラオルビスは、10日間の使用でお肌が変わると明言しています。

敏感肌や乾燥肌の悩みの改善を、ご自身のお肌で変化を実感していただければと思います。